目を大きくするには、どのような方法があるの?

顔の印象を決定づける上で最も重要なパーツの目を大きくする方法には、どのようなものがあるのでしょうか?順番に見ていきましょう。
まず、メイクでの工夫です。
最もシンプルですが、効果は抜群です。
例えば、本当の目幅よりもやや長めにアイラインを書くことで、横幅を長く見せることができます。
また、アイシャドウは、グラデーションのつけ方を工夫して立体感を出すだけで、大きさの印象がかなり変わります。
他にも、つけまつ毛をつけたり、まつ毛カールを施したりすると、目がぱっちりと大きく見えます。
そして、普段は一重や奥二重のまぶたの方が、専用のテープや糊を使ってくっきりした二重まぶたを作ると、普段よりぱっちりして、大きな目に見えます。

また、装着するだけで瞳を大きく見せることのできるコンタクトレンズを使用する方法もあります。
色の付いた特殊なコンタクトレンズを装着することで、つぶらな瞳に見せることができます。
このように、メイクやコンタクトレンズなどで、目を大きく見せることが可能ですが、いずれも一時的に「見せる」方法で、実際にサイズが変わったわけではありません。
そのため、取り除いてしまうと、元のサイズに戻ってしまいます。

実際にサイズを変えたい場合は、美容整形で施術を受ける方法があります。
まぶたの幅を変えたり、皮膚を切開したりする施術を受ければ、確実にサイズを大きくするこができます。
また、マッサージという方法もあります。
マッサージで、血液とリンパ液の流れを改善することで、まぶたのむくみを取ってすっきりさせ、ぱっちりさせることができます。
鼻の付け根の眉の下のくぼみにあるツボを押したり、眼窩の骨を親指以外の四本の指でぐっと力を抑えたりするのも、効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です