美容のためにも良質な睡眠をとることを心掛けよう

美しいお肌を作る為には「睡眠」は絶対に欠かすことが出来ません。
人のお肌は寝ている間に生まれ変わると言いますがそれは本当で、「お肌のゴールデンタイム」に良質な睡眠をとることで、肌をいつまでも若々しく健康に保つことが出来ます。頭皮柔らかくするためにも大切です。

では、どうすれば美容にも効果を発揮してくれるような良質な睡眠をとることが出来るのでしょう。
一昔前まではお肌のゴールデンタイムは夜の10時から夜中の2時ごろまでとされていましたが、最近ではそうではなく、寝付いてから3時間の間がそれにあたるとされています。
ですから寝付いてからはじめの3時間の間により深い眠りに入ることが出来れば、美容に良いとされる良質な睡眠をとれていると言えるのです。

その為にはまず、就寝時間の1時間前程から精神や身体・目などをリラックスさせることをしなくてはいけません。
部屋の電気を間接照明だけにするのも良いですし、キャンドルの明かりで精神を落ち着かせるのも効果的です。
とにかく蛍光灯の強くて白い光やスマートフォン・携帯電話・テレビといった電化製品が発する強い光は刺激が強すぎますから、そういったものを見ないように心掛けましょう。
音楽なども激しいリズムのものは極力避け、眠る前には歌の入っていないピアノメロディーやリラックスミュージックなどをかけることで心を落ち着けることが出来ます。
こうした眠る前のちょっとした工夫で、美容に良い睡眠をとることが出来るようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です