美容のためにも良質な睡眠をとることを心掛けよう

美しいお肌を作る為には「睡眠」は絶対に欠かすことが出来ません。
人のお肌は寝ている間に生まれ変わると言いますがそれは本当で、「お肌のゴールデンタイム」に良質な睡眠をとることで、肌をいつまでも若々しく健康に保つことが出来ます。頭皮柔らかくするためにも大切です。

では、どうすれば美容にも効果を発揮してくれるような良質な睡眠をとることが出来るのでしょう。
一昔前まではお肌のゴールデンタイムは夜の10時から夜中の2時ごろまでとされていましたが、最近ではそうではなく、寝付いてから3時間の間がそれにあたるとされています。
ですから寝付いてからはじめの3時間の間により深い眠りに入ることが出来れば、美容に良いとされる良質な睡眠をとれていると言えるのです。

その為にはまず、就寝時間の1時間前程から精神や身体・目などをリラックスさせることをしなくてはいけません。
部屋の電気を間接照明だけにするのも良いですし、キャンドルの明かりで精神を落ち着かせるのも効果的です。
とにかく蛍光灯の強くて白い光やスマートフォン・携帯電話・テレビといった電化製品が発する強い光は刺激が強すぎますから、そういったものを見ないように心掛けましょう。
音楽なども激しいリズムのものは極力避け、眠る前には歌の入っていないピアノメロディーやリラックスミュージックなどをかけることで心を落ち着けることが出来ます。
こうした眠る前のちょっとした工夫で、美容に良い睡眠をとることが出来るようになるのです。

美容を生み出す睡眠について

高い化粧品を購入してこまめにお手入れしたり、健康によい献立を考えて毎食自炊したり、とっても大変です。
そんなことをやっている暇があればとっとと眠ってしまいましょう。
実は睡眠こそが健康と美容に必要不可欠なのです。
人は睡眠を取る中で、身体や脳の疲れを癒します。
それと共に、お肌が再生して若々しくなれるのです。

とはいえ、ただ眠ればよいというわけではなく、美容のためには上質な睡眠が必要です。
毎日眠っているけれどちっともキレイにならないという人、もしかしたら夜遅くまで夜更かしした後に眠っていませんか。
成長ホルモンによるお肌の新陳代謝がもっとも活発化するのは夜22時から深夜2時。
この時間帯に眠るのがおすすめなのです。
寝る直前までスマホを見ていたりストレスを溜めていては、副交感神経は働かず、脳までしっかり休息をとることはできません。
22時になったからと眠るのではなく、その前の時間からテレビやスマホを見ないようにする・灯りを間接照明に変える・頭皮柔らかくマッサージ・ゆったりと湯船に浸かってリラックスするなど、眠りに入るための儀式を行なうようにしましょう。

寝心地の良い布団や枕も重要です。
美容のためにと化粧品にお金をかけるのもいいですが、1日の3分の1の時間は眠っている以上、寝具にもこだわりを持ち、良質な眠りを取るために最適なものを選びましょう。
脳や身体をしっかり休めることができれば、お肌も身体も元気になり、翌日の活力もよみがえります。

美顔ローラーでたるみ改善のマッサージ

お顔のたるみマッサージに、手を使ってマッサージをされる方は多いでしょうが、美顔ローラーと言うものもあるでしょう。
特徴としては、しっかりとお肉を掴んでくれますので、高い改善の効果が期待されるものです。
美顔ローラーは、いつでも時間が空いた時などにコロコロ転がし、手軽にたるみマッサージが出来ますので、人気となっているでしょう。

しかし、人気の美顔ローラーですが、気を付けて使うことも大切になってきます。
と言うのも、たるみを何とか改善しようと、力を入れ過ぎてコロコロ転がしてしまうと、お肌のハリを支えている細胞を壊してしまう可能性があるからです。
ですので、出来るだけ優しく転がしてあげることが大切になってくるでしょう。
また、実は長い時間が使用しているのも、たるみの原因となってしまいます。
優しく転がしてあげていても、その長い時間お肌はずっと摩擦を受けて、負担がかかってしまっているのです。
傷が付いたお肌は、さらなるたるみを生み出してしまいますので、出来れば最適な時間(5分から10分程)の間だけ、使用することが大切と言えるでしょう。

毎日使用することが理想の美顔ローラーですが、仕事や家事などでなかなか使うことが出来ないわ、という方も多くいらっしゃることでしょう。
そのような場合は、バスタイムにお使いになられてはいいのではないでしょうか。
湯船につかり、血行やリンパの流れが活発になっている時に使用することで、改善のより高い効果が期待出来ることでしょう。

目を大きくするには、どのような方法があるの?

顔の印象を決定づける上で最も重要なパーツの目を大きくする方法には、どのようなものがあるのでしょうか?順番に見ていきましょう。
まず、メイクでの工夫です。
最もシンプルですが、効果は抜群です。
例えば、本当の目幅よりもやや長めにアイラインを書くことで、横幅を長く見せることができます。
また、アイシャドウは、グラデーションのつけ方を工夫して立体感を出すだけで、大きさの印象がかなり変わります。
他にも、つけまつ毛をつけたり、まつ毛カールを施したりすると、目がぱっちりと大きく見えます。
そして、普段は一重や奥二重のまぶたの方が、専用のテープや糊を使ってくっきりした二重まぶたを作ると、普段よりぱっちりして、大きな目に見えます。

また、装着するだけで瞳を大きく見せることのできるコンタクトレンズを使用する方法もあります。
色の付いた特殊なコンタクトレンズを装着することで、つぶらな瞳に見せることができます。
このように、メイクやコンタクトレンズなどで、目を大きく見せることが可能ですが、いずれも一時的に「見せる」方法で、実際にサイズが変わったわけではありません。
そのため、取り除いてしまうと、元のサイズに戻ってしまいます。

実際にサイズを変えたい場合は、美容整形で施術を受ける方法があります。
まぶたの幅を変えたり、皮膚を切開したりする施術を受ければ、確実にサイズを大きくするこができます。
また、マッサージという方法もあります。
マッサージで、血液とリンパ液の流れを改善することで、まぶたのむくみを取ってすっきりさせ、ぱっちりさせることができます。
鼻の付け根の眉の下のくぼみにあるツボを押したり、眼窩の骨を親指以外の四本の指でぐっと力を抑えたりするのも、効果的です。